出身大学

あの方、この方の出身大学(出身高校)は?大学情報も併せて・・

*

中井貴一さんの出身大学と出身高校

   

中井貴一さんは、佐田啓二さんの息子で二世俳優。というより、もはや立派なベテラン俳優さんで数え切れない活躍をしています。東京都の出身で成蹊中学校・高等学校から成蹊大学に進学しました。

成蹊中学校・高等学校 ⇒ 成蹊大学

成蹊では経済学部を卒業しました。父親の佐田啓二氏は大スターでしたが、1964年に交通事故で亡くなり、1940年代から1960年代にかけて活躍していた方なので、むしろ現在では知らない方が多いかもしれません。

ご本人は俳優になる等は、まったく考えなかったそうです。しかしその秘めた能力を信じたというか、分かっていたというか、松林宗恵氏が佐田啓二さんの17回忌の時に貴一さんをスカウトし、中井さんは見る見る実力を発揮して行きました。

活動を始めたのが、成蹊大学の学生だったころ。デビュー間もなくから、たくさんの受賞歴に輝いてきました。

 

中井貴一(なかいきいち)

生まれ:1961年9月18日
出身:東京都
1977年:(推定)成蹊高校入学
1980年:(推定)成蹊大学入学
1981年:『連合艦隊』
1983年:『ふぞろいの林檎たち』
1985年:『ビルマの竪琴』
1988年:『武田信玄』
1994年:『四十七人の刺客』
1999年:『梟の城』
2000年:39歳の誕生日に結婚
2003年:『壬生義士伝』
2005年:『亡国のイージス』、『義経』源頼朝役
2006年:映画初製作
2008年:『次郎長三国志』
2012年:『平清盛』平忠盛役、『最後から二番目の恋 』
2013年:『雲霧仁左衛門』
2014年:『柘榴坂の仇討』
2018年:『嘘八百』
その他出演等多数

1983年から始まった『ふぞろいの林檎たち』では仲手川良雄役を演じ、同作はその後、1985年にも1991年にも、1997年にも上演されています。時任三郎さんや柳沢慎吾さんも出演しました。『亡国のイージス』でのスパイ役も圧巻でした。

2018年1月8日に放映されたテレビ東京の『娘の結婚』では、一人娘との生活を地道に保って、スーパーでシャケのパックを、時々値引きされたのを買う実直な父親の姿が印象的でした。


そういえば、もう長いことNHKの「サラメシ」のナレーション担当ですね。中井さんのお母さんが「パパの方が何倍も二枚目だった」という話の、父親:佐田啓二さんもステキな方だったことでしょう。

芸能人の2世ということで、成蹊に中学からずっと大学までというのも何となく納得です。

 

出身大学は成蹊大学、出身高校は成蹊中学校・高等学校

中学から大学まで、出身校としては鶴見辰吾さんとまったく同じです。鶴見さんは1964年生まれなので、1961年生まれの中井貴一さんは3年上級になるはず。面識は不明ながら中・高時代から二人がともに所属していた時代があるはずです。

また安倍晋三首相は1954年生まれなので、中井さんや鶴見さんと比べると少し上の世代になります。

東京都武蔵野市吉祥寺北町3丁目3−1

成蹊大学の偏差値

前述のように成蹊大学では小学校、中学、高校も同じキャンパスにあり、吉祥寺駅から徒歩では20分くらいの位置にあります。

成蹊大学も、成蹊中学も、成蹊高校も、やはり三菱グループとの関連が強い「学校法人成蹊学園」が設置しています。

成蹊学園は、初代理事長が彼の岩崎小弥太氏で、その後、三菱金曜会のトップが成蹊学園の理事長を務める流れになっているようです。岩崎小弥太はさんは、吉祥寺に約1万坪もの岩崎農園や清風荘という数奇屋づくりの別荘を持っていました。農園に隣接した8万坪の広大な土地をもさらに購入し、それらを成蹊学園に寄贈して、現在のキャンパスとなったとここと。

成蹊学園三菱留学生奨学金の制度も2007年から始まっています。

品があって様々な役をこなしている中井貴一さん。頼朝役を覚えている方も多いことでしょう。


 - 成蹊大学 , ,