出身大学

あの方、この方の出身大学(出身高校)は?大学情報も併せて・・

*

片桐はいりさんの出身大学と出身高校

   

片桐はいりさんは映画館で「もぎり」をやっていたことでも知られる女優さん。小林聡美さんやもたいまさこさんと共演した「かもめ食堂」なども印象的でした。

大田区の出身で、地元の小学校(区立山王小学校)から香蘭女学校中等科・高等科に進学し、大学は成蹊大学の文学部を卒業しています。

香蘭女学校中等科・高等科 ⇒ 成蹊大学

成蹊大学では文学部の日本文学科でした。学生時代には同学年の林あまりさんと知り合ったそうです。銀座文化劇場(現在のシネスイッチ銀座) で、もぎりのアルバイトをしつつ劇団に入り「ブリキの自発団」にて25本の作品に出演しています。

NHKの2012年の食彩浪漫によるプロフィールに「その後、CM、映画、テレビドラマなどでも独特の存在感で注目を浴び、幅広く活躍」と記されているのが、片桐さんらしさを表していると思いました。

 

片桐はいり(かたぎりはいり・本名:片桐由美)

生まれ:1963年1月18日
出身:東京都大田区
1978年:(推定)高校入学
1981年:(推定)成蹊大学入学
1982年:劇団「ブリキの自発団」にて出演、1994年まで
1996年:『結婚はいかが?』
2001年:『はぐれ刑事純情派』
2006年:『かもめ食堂』ミドリ役
2009年:「非女子図鑑」『男の証明』主演
2014年:『小野寺の弟・小野寺の姉』主演
2016年:『富士ファミリー』笑子バアサン役(2017年も)
2017年:『勝手にふるえてろ』
その他、出演等多数

 

エッセイ(著作)にありますが、弟さんがずっとグアテマラに住んでいるそうです。


出身大学は成蹊大学、出身高校は香蘭女学校中等科・高等科

香蘭女学校は中高一貫で正式名が「香蘭女学校中等科・高等科」となります。当然、片桐はいりさんも中学校から入っているはずで、大塚寧々さんと同じ高校になります。

大塚さんより片桐はいりさんが5歳ほど上なので、同時期に同じ学園にいたこともあるような状況ですが、中・高生同士ではお互いに知っていたとは思えません。

品川区旗の台六丁目22番21号

東急大井町線の池上線、旗の台の駅から歩いて5分くらいの距離です。

香蘭女学校高等科は立教大学との関連も強く、イギリス国教会によるミッション・スクールとのことですが、片桐はいりさんは成蹊大学に進んでいます。作家の上橋菜穂子さんは1962年7月15日生まれなので、63年1月生まれのはいりさんと同学年になります。(上橋さんは立教大学に進学。)

上橋さんが高2年の文化祭で『双子星座』を自主上演したときが、片桐はいりさんにとって初舞台となったとのこと。

香蘭女学校中等科・高等科の旧制服といわれる吊りスカートは、かつて盗まれたりストーカー行為にもなったという、いわくつきの状態だったようです。2003年からは吊りスカートは廃止されました。

校則として芸能活動やアルバイトは禁止されているそう。片桐はいりさんは高校の文化祭で演じたことはあっても、芸能活動をしたわけでないので、そこは関係ありませんが。


成蹊大学といえば、もちろん安倍晋三首相の出身大学。

成城大学とともにお坊ちゃん的大学なイメージも持たれるようです。実際のところ三菱グループが大学経営に関わっているという意味でも、血筋の良さを感じさせられます。

ちなみに安倍首相は、成蹊小学⇒成蹊中学校⇒成蹊高等学校⇒成蹊大学という徹底した経歴。なんというか、凄いですね。その後南カリフォルニア大学に留学しています。

 

さて片桐さんですが、なぜ成蹊大学を選んだかは、特にご本人の言及は見つかりません。著作中にその部分があるかもしれませんけれどーー。いずれにしても映画や演劇好きなはいりさんが日文専攻だったのは、自然な流れに見えます。

 

成蹊では同じ敷地に小学校も中学、高校も見えています。吉祥寺駅から歩くと20分くらいかかりそうですが、それにしても魅力的な街として注目されるいい場所にあります。

成蹊大学は歴史も長いので、多くの出身者が活躍しています。政治家の他に、桐野夏生さん、小池真理子さんらがいます。鶴見辰吾さんや中井貴一さん、山本圭さんも成蹊出身。やはり良家の子弟が多いという噂のとおりでしょうか。

成蹊大学の偏差値

片桐はいりさんは、上記のように学生時代に劇団の「ブリキの自発団」に入り、活動を始めます。劇団での活動のあと、幅広い活動をして現在にいたっています。

2016年と2017年でNHKので放映された『富士ファミリー』の笑子バアサン役では特殊メイクに長い時間がかかったとのこと。あのドラマでは正真正銘の「おばあちゃん」でした。片桐さんの役者魂を見たような気がします。

富士ファミリー

気取らず真剣・・という真摯な姿を感じる片桐はいりさん。まだ観ていないのですが「小野寺の弟・小野寺の姉」も気になっています。「小野寺の弟・小野寺の姉」の映画が始まるころ、インタビューで、骨格が向井理さんと「似ていない」とコメントしていました。

小林聡美さんも著作が多く、淡々と芸能活動をしているような達観した姿勢を感じます。片桐はいりさんからもやはり、同じような心地よい空気が伝わってきます。


 - 成蹊大学 ,