出身大学

あの方、この方の出身大学(出身高校)は?大学情報も併せて・・

*

石丸幹二さんの出身大学と出身高校

   

石丸幹二さんは、出身は愛媛の新居浜。4歳で千葉の市原市に転居し千葉の県立高校(現在の幕張総合高等学校)に入学しました。東京音大を経て東京藝大の声楽科に進み、劇団四季に入って「オペラ座の怪人」等で活躍したという華々しい経歴です。

しかしさらに現在では俳優としてもブレイクしています。

千葉県立幕張西高等学校 ⇒ 東京音楽大学音楽学部器楽科サックス専攻 ⇒東京藝術大学音楽学部声楽科

 

石丸幹二さんが進んだ高校は当時は千葉県の幕張西高校でした。幕張西高校には普通科音楽コースがあり、石丸さんはチェロを学び、東京音大(音楽学部器楽科)に進んでサックス専攻でした。

しかもさらに声楽を目指し、最高峰と言える東京芸大に合格・・・もし、芸能人になっていなかったとしても劇的な経緯と言えそうですね。

石丸幹二(いしまるかんじ)

生まれ:1965年8月15日
出身:愛媛県新居浜市
1981年:(推定)高校入学
1984年:(推定)東京音大入学
1987年:(推定)東京藝大入学
1989年:劇団四季に合格(藝大在学中)
1990年:劇団四季『オペラ座の怪人』ラウル役でデビュー
2007年:劇団四季を退団
2013年:『半沢直樹』浅野匡役
2015年:『アルジャーノンに花束を』蜂須賀大吾役、『表参道高校合唱部!』
2016年:『水族館ガール』倉野久幸役
2017年:『題名のない音楽会』司会
その他出演等多数、

東京音大の学生だった石丸さんが声楽に転じた契機は、アメリカのジェシー・ノーマンの歌声を聞いたからとのこと。いくら音大の学生とはいえ、サックス専攻だった学生が声楽で東京藝大を目指すとは、大転換に違いありません。

それくらいプロの歌声に衝撃を受け、その後劇団四季に入るほど「歌声」にこだわった石丸さんの歌い手としてのスタートでした。

 

 


出身大学は東京藝術大学、出身高校は幕張西高等学校

 

現在の千葉県立幕張総合高等学校には普通科と看護科があります。看護科は、千葉県立若葉看護高等学校と2004年に統合されたためで、いわゆる普通科は幕張総合の「総合」ではなく文字通りの普通科になります。

ただし、普通科の入試でも学力検査の以外に、実技検査や自己アピール検査を選択することも可能というユニークな受験になっています。また千葉県内全域からの通学が認められています。

 

 

石丸幹二さんの在校時代には幕張西高等学校だったわけで、幕張西高校の卒業生には、作曲家の新垣隆さんや作曲家の福島康晴さんらがいます。普通科に音楽コースがあった様子が分かります。

 

幕張総合になってからの出身者には女子サッカーの宮間あやさん、バスケットの藤岡恵美衣さんらがいます。


石丸幹二さんは当初は池袋の東京音楽大学に進学し、サックス専攻でした。東京音大は、トットちゃんこと黒柳徹子さん、その母である黒柳朝さんの出身校でもあります。

 

 

音楽界で活躍する方に東京音大出身者はもちろん多数おられます。2017年に逝去された船村徹氏もピアノ科でした。淡谷のり子さんも、春日八郎さんも東京音大出身。山崎育三郎さんも声楽演奏家コースを中退しています。

石丸幹二さんは、東京音大の学生のころ、池袋から渋谷に出かけて演奏していたそうです。

 

バブル真っ最中の東京は浮かれていた。渋谷ザ・プライムの最上階では週末ごとにパーティーが開かれ、池袋からサックスを抱えてバスで出かけて、仲間と演奏した。そんなある日、テレビのNHK『芸術劇場』から聴こえてきた歌声に衝撃を受ける。

「アメリカのオペラ歌手ジェシー・ノーマンがシューベルトの『魔王』の3役を歌っていた。いや、演じ分けていたんです。こんなふうに歌うことが、クラッシックの世界にあるんだと。これをやってみたい! と思いました」

 

(週刊女性2017年7月4日号2017/7/1 http://www.jprime.jp/articles/-/10001より)

 

そして東京藝大の声楽科を受験。しかも歌を聞いた翌年には合格しています。凄いですね。

 

劇的なものを表現していくスタートだったかもしれない。学外で入っていたコーラスサークルの藝大の先生に、「君は、歌を磨こうとは思わないの?」と、のせられて、転向を決める。翌年、東京藝術大学音楽学部声楽科に合格、テノール歌手へと歩みだす。

「藝大ではアカデミックなクラシックの勉強なので、歌詞がイタリア語やドイツ語なのがもどかしくて、僕は“日本語で伝えたい、歌いたい”と、しきりに言っていた」

(同上)

 

そんな動機から、「ならば劇団四季がいい」と先輩に勧められて学生のうちに劇団四季に合格し、やがてミュージカルの貴公子と呼ばれる存在となります。

東京藝大には美術学部と音楽学部があり、音楽学部は上野キャンパスになります。1949年に前身である「東京美術学校」と「東京音楽学校」が統合されて東京芸術大学となりました。

 

上野駅から東京芸大に歩いて行く途中には、趣のある「旧東京音楽学校奏楽堂」の姿もあります。

東京藝大出身の音楽関係者は多数活躍しており、作曲家の千住明さん、指揮者の岩城宏之さん、俳優の井上芳雄さん、小説家の森瑤子さんらがいます。

石丸幹二さんは活躍の場が広がって、劇団四季の出身者ということをふと忘れる(?)くらい、TV等でもお馴染みの方となりました。

マルチの才能がこれから、さらに発揮されそうです。

 


 - 東京藝大 , ,