出身大学

あの方、この方の出身大学(出身高校)は?大学情報も併せて・・

*

矢本悠馬さんの出身大学と出身高校

   

矢本悠馬さんは朝ドラはじめ各種のドラマで活躍中です。子役に抜擢されたことから芸能生活が始まったものの、その後の出演はあまり知られていませんでした。しかし2011年に「大人計画」に参加してからの活躍が目立っています。

京都の出身で、京都市立紫野高等学校の出身と言われています。公には公表されていませんが、10年前(平成20年、2008年)の高校選抜テニス大会の名簿に載っている矢本悠馬さんが、ご本人と推定すると、ほぼ間違いないことでしょう。

京都市立紫野高等学校 ⇒ 舞台芸術学院

舞台芸術学院は東京の西池袋にある専門学校です。矢本さんの公式プロフィールに、舞台専門学院も特に掲載されていませんが、こちらも所属していたもよう。

 

矢本悠馬(やもとゆうま)

生まれ:1990年8月31日
出身:京都府
2003年:(推定)中学校入学
2003年:映画『ぼくんち』で子役デビュー、『てるてる家族』佐藤浪利役
2006年:(推定)高校入学
2009年:(推定)専門学校の舞台芸術学院に入学
2011年:大人計画に研究生として参加
2013年:空飛ぶ広報室 第1話
2014年:『花子とアン』徳丸武役
2015年:『ブスと野獣』主演中田健太役
2016年:『ゆとりですがなにか』中森役、『仰げば尊し』古庄芳喜役、『ちはやふる 上の句・下の句』
2016年:大人計画からソニー・ミュージックアーティスツに移籍。
2017年:大河ドラマ『おんな城主 直虎』中野直之役
2018年:『半分、青い。』西園寺龍之介役、『SUNNY 強い気持ち・強い愛』梅の兄 役
その他出演等多数

 

そういえば、矢本さんはすでに朝ドラでは『半分、青い。』が3作目にあたり、大河ドラマの「直虎」でも重要な役どころを演じています。『真田丸』の最終回にも出演しています。

映画の「ちはやふる」でも活躍し、もはや、いつも顔を見る役者さんの一人になっています。

そんな矢本さんにはいつも子役を初めて演じた時の経緯で、「やる気のない演技が評価されてオーディションに合格」という表現が付いて回ります(笑)。

しかし、ご本人の意向は抜きとしても、現在の矢本悠馬さんはやる気満々ではないでしょうか。

 

 

 

出身大学はなし、出身高校は京都市立紫野高等学校

 

紫野高等学校は名前の通り京都の市立高校で、読み方は「むらさきのこうとうがっこう」になります。

小説家の綿矢りささんは19歳で芥川賞を受賞しましたが、こちらの紫野高等学校出身になります。

 

所在地は京都市の北区紫野大徳寺町22番地

 

紫野高等学校は、総合選抜が実施される前には京大合格者を数十人出していたそうです。

上記のように矢本悠馬さんは高校について特に公開していないので、高校時代にどんな生活を送っていたか、詳細は分かりません。

中学一年で子役を務め、しかしその後は目立った活動はなかったので、高校時代は将来を見据えていろんな布石を打っていた時期かもしれません。

 

年齢からして2009年に高校を卒業し、専門学校に入ったと考えられます。 舞台芸術学院は池袋にあり、芸能人も多く輩出しています。

創立は1948年(昭和23年) と早く、入学定員は40名で2年で学ぶ「ステージアーティスト科」があります。 朝ドラ等にも出演経験のある矢本さんが、高校卒業後にしっかり演劇を学んで、芸の道を究めていった経緯で舞台芸術学院があったと言えそう。

所在地は東京都豊島区西池袋3-5-19

卒業生には、いとうあさこさん、市村正親さん、ベンガルさん、上条恒彦さんらがいます。

歴史上の人物としてはいずみたくさん等。

余談ですが、雑司ヶ谷霊園を歩いていて、たまたま、いずみたくさんのお墓があり、突然だったので驚きました。

 

バイプレイヤーという言い方が適しているか分かりませんが、矢本悠馬さんはそういう意味合いでも大きな活躍をされる若手俳優の一人と言えそうです。

2018年は『半分、青い。』が注目されている只中です。

 


 - 未分類 ,