出身大学

あの方、この方の出身大学(出身高校)は?大学情報も併せて・・

*

遠藤憲一さんの出身大学と出身高校

   

遠藤憲一さんは、バイプレイヤーというより、もうあらゆる場面で活躍されるマルチな俳優さん。エンケンさんで知られます。東京都の出身で、中学までは野球をやっていました。横浜の私立高校に入学しますが、一年生で退学したとのこと。

横浜商工高等学校 ⇒ 進学せず

横浜商工高等学校は現在、横浜創学館高等学校となっています。高校中退後はアルバイトを転々としたり劇団の「無名塾」合格して、しかし辞めたりしながら、結局22歳のときにドラマデビューしました。

その風貌から40代までは悪役として知られていました。2010年の朝の連続ドラマ『てっぱん』でヒロインの父親役で登場した時は、たしか「こんな顔で朝から・・ですが」みたいなコメントをご本人が語っていました。

現在は独立して、奥さんが社長兼マネージャーを務めています。奥さんには頭が上がらないというようなエピソードは結構、伝えられています。

二宮: 遠藤さんは昔から俳優志望だったんですか?

遠藤: いやいや。高校も中退してアルバイトをコロコロしていましたから……(苦笑)。学校を辞めると、どうしても持続力がなくなって、せっかくアルバイトを見つけても、ちょっと嫌なことがあるとすぐ辞めてしまう。それで、また新たなバイトを探す。そんな辞めグセがついた生活を1年くらい続けていました。  

ところが、ある時、ふと見た電車の中吊り広告でタレント養成所の募集広告が目に留まりました。芸能界に興味は全然なかったんですけど、「こういうのも募集してるんだ」と、軽い気持ちで飛び込んだら受かったんです。劇団に入って舞台に出てからですよ、芝居が面白いと思い始めたのは。

(中略)

二宮: そのタレント養成所では、他にも有名になった方がいたのですか?

遠藤: 結構いますよ。有名どころでは松平健さんも所属していました。僕と同時期では三原じゅん子ちゃんですね。

(遠藤憲一「お酒が切り拓いた新境地」http://www.ninomiyasports.com/archives/12830 より)

 

遠藤憲一(えんどうけんいち)

生まれ:1961年6月28日
出身:東京都
1977年:(推定)横浜商工高校入学、退学
1983年:『壬生の恋歌』で俳優デビュー
1985年:『誇りの報酬』第3話
1990年:舞台女優の奥さま昌子さんと結婚
1993年:『愛しの刑事』小西役
2002年:『突入せよ! あさま山荘事件』 
2009年:『湯けむりスナイパー』初主演
2010年:『てっぱん』村上錠役
2013年:『プレミアムドラマ かすてぃら』主演
2015年:『Dr.倫太郎』『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』『不便な便利屋』『民王』
2016年:『真田丸』上杉景勝役
2017年:『バイプレイヤーズ』本人役
2018年:『西郷どん』勝海舟役、『家族の旅路』柳瀬光三役
その他、出演等多数

 

 

横山めぐみさんが2018年のドラマ『家族の旅路』に出ていますが、遠藤憲一さんは同作にてまさにメインです。いかついだけでなく、言いようのない秘密をかかえて家族を守ろうとしている「父」としての柳瀬光三役。静かな、抑制された表情が素晴らしいです。

 

 

出身大学はなし、出身高校は横浜商工高等学校

 

横浜商工高校は遠藤さんが入った当時は、特に荒れていたようです。2003年4月から現在の校名の横浜創学館高等学校になりました。設立は1958年という私立の共学高校です。

甲子園出場までは未だいかないけれど野球が強いそうで、出身者にはプロの野球選手が多数います。また、同校の出身者ではありませんが、この地域の出身者である小田和正さんが作詞作曲した愛唱歌「遥かな想い」が校歌となっています。

 

神奈川県横浜市金沢区六浦東1-43-1

 

上記のように遠藤憲一さんは、高校に入ったもののツッパリの生徒が多かったとのこと。また、教科書を机に入れたままにして焼かれてしまい、教科書を買い直すこともせずにいるうち学校が嫌になって高1の2学期で退学してしまったそうです。


高校を中退した遠藤さんは、その後劇団などの活動から徐々に活躍していき、大学へは進学していません。強面の風貌に期待が寄せられ、極道物で悪役を演じてきました。

 

近頃では、「民王」でも、いかつい父(首相)と、気の優しい息子と入れ替わって身体だけ父のままの息子役、とを見事に演じ分けて素晴らしい演技と思いました。

2017〜2018年の朝ドラ「わろてんか」にも登場し、関連インタビューでは次のように語っています。

 

職質経験については日中に東京・新宿の雑踏の中ですれ違ったパトカーが急ブレーキをかけ、中から警察官2人が飛び出てきたこともあり、遠藤がかぶっていた帽子を外して俳優であることを示したシーンを身ぶり手ぶりで紹介。

「こんな人がいっぱいいる中で何で俺なんですか?」と逆に問いかけたら、「パトカーを見る目が鋭かった」と返されたという。

 

(強面の遠藤憲一、職質体験は有名になっても年1度「パトカー見る目が鋭い」2017.10.06デイリースポーツより)

 

 

2018年2月には撮影中だった『バイプレイヤーズ 〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』で大杉漣さんが急死されるという出来事がありました。遠藤憲一さんの女装姿も、なんともいえない味を出していました。


 - 大学に進学せず ,