出身大学

あの方、この方の出身大学(出身高校)は?大学情報も併せて・・

*

横山めぐみさんの出身大学と出身高校

      2018/03/09

横山めぐみさんは、2018年に49歳になる女優さんで2018年春現在、『家族の旅路』(滝沢秀明主演)で、ガンのため余命わずかの河村あかね役を演じています。

東京都の出身で、都内の都立竹早高校から青山学院の二部の文学部に進学しました。

都立竹早高等学校 ⇒ 青山学院大学

デビューが高校時代のこと。『北の国から'87初恋』で吉岡秀隆演じる純の恋人「れい」で鮮烈デビューでした。その後もかなりの数のドラマで活躍しており、少々クセのある強い女性役も見事にこなす姿が印象的です。

 

横山めぐみ

生まれ:1969年9月2日
出身:東京都
1985年:(推定)竹早高校入学
1987年:『北の国から'87初恋』でデビュー
1988年:(推定)青山学院大学入学
1989年:『北の国から'89帰郷』
1992年:JR東海『シンデレラ・エクスプレス』のCM
1993年:『泣きたい夜もある』第10回「訣別-わかれ-」
1995年:大川泰樹さんと結婚(2002年に離婚)
1997年:『不機嫌な果実』
2002年:『真珠夫人』荘田瑠璃子役
2006年:東大卒の一般男性と再婚
2008年:『課長島耕作』島怜子役
2013年:『35歳の高校生』
2016年:『砂の塔〜知りすぎた隣人』
2017年:『ブラックリベンジ』
2018年:『家族の旅路』
その他出演等多数

 

デビューした時はまだ高校生で、ふつうに都立高校の生徒だったことが意外な気もします。しかし最初から女優への道まっしぐらということではなく、将来をじっくり模索するためにも、大学に進んだということです。

ユーミンの曲に乗った『シンデレラ・エクスプレス』のコマーシャルはかなりの話題になったそうです。今もお綺麗ですが、若い時は可愛らしさのゆえに虐めにあったときもあったとか。

現在は風格もさらにアップして、2016年では『砂の塔〜知りすぎた隣人』では意地悪なセレブ奥様役をこなしていたり、『家族の旅路』でもかなり自分勝手な母親を演じています。

 

『家族の旅路』については、主役の滝沢秀明さん演じる浅利祐介と、殺人犯(死刑囚)となっている遠藤憲一さんが演じる柳瀬光三が、じつは親子ではないかとハラハラしながら見ている只中ですがーー。じつはこのドラマでも、身勝手一方な母親を装っている横山めぐみさんが、本当は真相を知っていてポーカーフェイスを貫いているのか、という空気が伝わってきています(4話まで観た時点の個人感想)。

 


出身大学は青山学院大学、出身高校は竹早高等学校

 

東京都立竹早高等学校は、文京区の小石川にある共学校です。 

東京都文京区小石川4-2-1

じつは地図にも見えていますが、同じ住所に東京学芸大学付属竹早中学校があります。中学でなく東京学芸大学附属高校は、世田谷の下馬にある国立の高等学校です。

学芸大付属高校は高偏差値の高校として有名。 都立竹早高校の生徒さんが、学芸大付属と間違われる・・的なコメントをしたと聞いたことがあります。

しかし都立竹早高校も偏差値67とされ、学芸大付属が75ですが、いずれにしても難関校の一つです。

東京都、高校偏差値2018

横山めぐみさんは、竹早高校の3年時に『北の国から'87初恋』でれいという恋人役でデビューしました。高校生活の詳しいことは分かりませんが、軽音楽同好会などで活躍していたという話もあります。


大学への進学は、上記のように将来を検討する時期でもあったようです。青山学院大学の二部は2008年に経済学科と経営学科が廃止され、2011年に英文学科の募集が停止され、現在は第二部はすべて廃止されています。

青山学院ではキャンパスの都心回帰を果たして、よく知られるように渋谷そのものにあります。

青山学院大学の偏差値

青山学院大学の出身者はご存知のように多数。芸能人では桑田佳祐さん、加藤シゲアキさん、賀来賢人さん、名取裕子さんも青学出身者ですし、アナウンサーでは竹崎由佳さん、小川彩佳さん、滝川クリステルさんなどがいます。

横山めぐみさんは、芸能活動もあったため二部を選んだということですが、大学はしっかりと卒業しています。

 

『砂の塔〜知りすぎた隣人』ではホラン千秋さん(ホラン千秋さんの出身大学と出身高校)も、タワマンのセレブ奥様の一人として出演しています。


 - 青山学院大学 ,